仕事の仕方

【徹底解説】現役フリーランスがオススメする本・仕事・エージェント

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスになりたいけど、おすすめの本とか色々しりたい

フリスタ
フリスタ
じゃあ今回は、現役フリーランスがオススメする本・仕事・エージェントについて解説していくよっ
この記事でわかること

フリーランスにおすすめの本
フリーランスにおすすめの仕事
フリーランスにおすすめのエージェント

フリーランスにおすすめの本

リアルな情報を本から収集することは、すでにフリーランスとして生きることを決めている方だけでなく、フリーランスという道を模索している方にも非常におすすめです。

フリーランスとしての活動をしている中で、早めに読んでおくべきだったと感じた本を3冊紹介します。

気になるポイントとおすすめする本は、以下のとおりです。

  • フリーランスとしての最低限のスキルを習得したい、難しい本は読めない→【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」
  • フリーランスとして生き抜くための具体的なスキルを身に付けたい
    フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド (日経ムック)
  • 独立したいけどお金に困る生活は絶対にしたくない
    お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! (SANCTUARY BOOKS)

【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」


すでにフリーランスとして生きることを決めている方だけでなく、なんとなくフリーランスという道を模索している方におすすめする1冊目の本が、【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」です。

ドイツ・ベルリンに住み、フリーランスのイラストレーターとして活躍している高田ゲンキさんだからこそ分かる、知識やノウハウが凝縮されています。

ちなみに高田ゲンキさんは、27歳でフリーランスとして独立し、イラストレーターでありながら、「Twitterでの発信が刺激的」と注目を集めている人物でもあります。

Think IT で連載しているマンガを書籍化し、ユーモア溢れる内容で読みやすいため、忙しい日常を送る方々にもおすすめです。

フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド (日経ムック)


フリーランスとして活躍するための「具体的なノウハウを知りたい」という方におすすめの1冊がフリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド (日経ムック)です。

「1つの会社に縛られず、自律的に働くフリーランス」をテーマに、総勢60人の活躍しているフリーランスのインタビューがまとめられています。

稼げるフリーランスの特徴や、稼ぐためのスキルやキャリア、仕事を獲得するためのノウハウなどの情報が満載の1冊です。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! (SANCTUARY BOOKS)


フリーランスとして独立する際に、「お金には困りたくない」と思っている方におすすめの1冊がお金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! (SANCTUARY BOOKS)です。

全くの無名、ツテなしの状態からフリーの漫画家になり、現在は天才美少女漫画家として活躍する若林杏樹さんと、日本一フリーランスに優しい税理士と呼ばれる大河内薫さんが、税金の仕組みや確定申告、仮想通貨についてギリギリまでぶっちゃています。

税金の種類や確定申告に関する知識を身に付けたいフリーランスから、何がわからないかもわからないフリーランスまで、多くの方におすすめの1冊です。

フリーランスにおすすめの仕事とは

フリーランスは自由な働き方ができる反面、確かなスキルが求められます。

そして、継続的に実績をあげられるフリーランスになるためには、実際の作業に入る前にどんな仕事で生き抜いていくかを決めることが非常に大切です。

ここからは、フリーランスにおすすめする仕事とそのポイントを以下のように紹介していきます。

  • ライター系の仕事→明確なスキルがなくても始めやすい
  • デザイン系の仕事→自分の才能とスキルを発揮しやすい
  • IT系の仕事→案件が豊富であり、これまで積み上げてきたスキルを活かせる

フリーランスとして活躍するための将来設計をするためにも、自分のスキルや適性を分析し、「どんな仕事を手がけるべきか」を冷静に検討することをおすすめします。

ライター系の仕事の特徴とおすすめポイント

フリーランスとして、「これからスキルの習得をしていこう」と考えている方におすすめするのがライター系の仕事です。

ライター系の仕事とは?

ライター系の仕事には、WEBに投稿される記事の作成を行うWEBライター、キャッチコピーで製品やコンテンツの魅力を伝えるコピーライター、自身のブログへの集客を行いその広告収入で生計を立てるアフィリエイターなどが含まれます。

年収のモデルは300万円ほどとされていますが、自身でコンテンツの作成を行い、確固たるブランディングを行っているアフィリエイターには1000万円を超えている方もいます。

おすすめのポイントとは?

ライター系の仕事には、以下のような特徴があります。

  • 具体的なスキルがなくても始められる
  • コツコツと実績を積み上げることができる
  • 初期投資が比較的少ない

ライターの仕事は、これからスキルを習得していきたいという方におすすめです。

利用するクラウドソーシングサービスにもよりますが、比較的多くの案件が用意されており、初心者を積極的に採用しているクライアントも珍しくありません。

また、WordやExcelなどのOfficeを使いこなせれば十分である上、プライベート用のパソコンで業務を進められるため大きな費用も必要ありません。

「スキルを身に着けるまでの期間は月々数万円を目標にクライアントを探す」、「すでに独立できるくらいのスキルを身に着けている場合は自身のコンテンツを作成していく」といったフリーランスのレベルに応じた稼ぎ方ができるのもライターならではと言えます。

デザイン系の仕事の特徴とおすすめポイント

フリーランスとして、「ある程度身に付けている美術的な知識や経験を活かしていこう」と考えている方におすすめするのがデザイン系の仕事です。

デザイン系の仕事とは?

デザイン系の仕事の代表例は、ワンポイントのロゴやアイコンをデザインするグラフィックデザイナーや手がけるホームページにクライアントの要望反映するWEBデザイナーなどです。

ライター系の仕事と比較した場合に、クライアントに対してユーザーを惹きつけるためのデザインをプレゼンする能力が必要となるため、少し難易度が上がる仕事と言えます。

ただし、年収のモデルも400万円ほどとなり、独自のスキルが対価に反映されるためやりがいのある仕事であることは間違いありません。

おすすめのポイントとは?

デザイン系の仕事には、以下のような特徴があります。

  • 自分のスキルを才能を活かせる

デザイン系の仕事を進めていくためには、photoshopやillustratorといった画像処理ソフトに関する知識と、ホームページを作成する際に必要となるHTMLやCSSの知識が必要となるため、初心者から始めることが比較的難しいと言えます。

ただし、最低限のスキルを取得し、ユーザーを惹きつけるデザインを作り上げる感性は唯一性が高く、磨くほどにその面白みを実感できるでしょう。

IT系の仕事の特徴とおすすめポイント

フリーランスとして、「着実に実績を積み上げていきたい」と考えている方におすすめするのがIT系の仕事です。

IT系の仕事とは?

IT系の仕事には、プログラムの設計を請け負うプログラマーやアプリの開発に特化したアプリケーションエンジニアなどがあります。

また、IT系の仕事は400万円〜500万円ほどが年収のモデルとされ、サラリーマンのころに取得したノウハウを活かしやすい仕事と言えます。

おすすめのポイントとは?

IT系の仕事には、以下のような特徴があります。

  • 会社員のころに習得したノウハウを訴求しやすい
  • 安定的な仕事が見込める

IT系の仕事は400万円〜500万円ほどの年収が見込める上、AIなどのテクノロジーが進歩する現代では需要の多い仕事の種類です。

また、フリーランスが増加していることで、在宅でできる仕事を外注に任せる企業も年々増加しています。

会社員のころに習得したスキルを活かしながら、新たな知識を習得する姿勢を持ち続けることを忘れなければ、自由な働き方を実現しやすい仕事と言えるでしょう。

フリーランスにおすすめのエージェント

「フリーランスとして独立した仕事をしたい」と考えている方は、エージェントの力をフルに活用することをおすすめします。

独立すると聞くと、多くの方が「クライアント探しから交渉、契約といったすべての業務をすべてひとりでやらなければならない」と思い込んでしまいがちです。

しかし、最近ではフリーランスのためのエージェントがクライアント探しから交渉、契約までの作業を代行してくれます。

特に、会社員のころに交渉という業務を行ってこなかったデザイナーや編集者の中には、苦手意識をもっていながら、無理にクライアントとの交渉を行う方も少なくありません。

そんな弱みを客観的に把握できている方は、エージェントの活用を検討してみることをおすすめします。

まとめ

すでにフリーランスとして活躍されている方も、フリーランスという道を模索している方も以下のポイントを確認することをおすすめします。

  • フリーランスとして活躍するための情報を本から習得する
  • どんな仕事やスキルで生き抜くかを検討する
  • クライアント探しや交渉、契約が苦手な場合はエージェントを活用する

フリーランスとしてスキルや経験を積む最中でも、すでに独立を果たしている場合でも自分を客観視し、無駄が生じていないかを確認することは非常に大切です。

それぞれの段階に合わせて、今回おすすめした本や仕事の種類、エージェントの情報を有効に活用することで、効率良く仕事をすることができるでしょう。

フリピヨくん
フリピヨくん
エージェントって敷居高そう…!
フリスタ
フリスタ
そんなことないよっ!自分でクライアントとの交渉する必要がないのはとっても便利だよ〜
ABOUT ME
mastar
このサイトを運営しているフリスタです。 フリーランスになった10年目の現役フリーランスです。 東京都内でフリーランスをしつつ、2つのメディアを運営しています。
INTLOOP株式会社