仕事の仕方

フリーランスが活用すべきサイトとは?使い方とサイトの特徴を解説

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスにおすすめのサイトが知りたいっぴ
フリスタ
フリスタ
フリーランスは仕事受注が目的だよね!それならオススメのサイトを紹介していくね

フリーランスのキャリアを作る賢いサイトの活用方法とは?

すでにフリーランスとして活動されているの多くは、仕事を得るためにクラウドソーシングサイトエージェントサイトを使用しているでしょう。

しかし、クラウドソーシングサイトやエージェントサイトが、実績のある方が使えば簡単に仕事を見つけられるという便利なツールであるとともに、フリーランスのキャリアに影響するツールであると言われていることはご存知でしょうか?

もちろん、仕事を始めたばかりのフリーランスは、慣れるために多くの案件を経験することが重要であり、その後のスキルアッププランのために大切な行動です。

ただし、そのままの状態が長く続くと、とにかく案件をこなすだけのフリーランスとなってしまう可能性があり、注意すべき点と言えます。

最近では、仕事の質の低下から報酬の値下げ始まっており、しっかりとした収入を得るためには、クラウドソーシングサイトやエージェントサイトを目的をもって使い分けることが重要です。

フリーランスが目的で使い分けるべきサイトは2種類

フリーランスとしてのキャリアが、サイトの使い分けによって決まる理由は先ほど解説しましたが、どのように使い分けをするべきなのでしょうか?

フリーランスが目的で使い分けるべきサイトは2種類です。

  1. 多くの案件が集まるクラウドソーシング系
  2. 確かなマッチングを見込めるエージェント系

「仕事を探すためのツール」として同じように認識してしまいがちですが、フリーランスとして確かなキャリアを形成するためには、クラウドソーシングサイトとエージェントサイトの違いを把握しておく必要があります。

では、それぞれの違いについて説明していきます。

多くの案件が集まるクラウドソーシング系

仕事を見つけるツールの中でも、クラウドソーシング系のサイトの特徴は、個人と企業が自由につながりをもち、簡単に仕事の受発注を行える点にあります。

フリーランスという働き方が一般化するのと同時に、クライアントなる企業や個人にも流動的な働き方を提案でき、人件費を削減できるというメリットが生まれています。

クラウドソーシング系のメリットとデメリット

クラウドソーシング系サイトを活用することで得られるメリットは、以下の2点です。

  1. 手軽に仕事を受注できる
  2. 空いた時間を有効に活用できる

フリーランス目線では、クライアントとの繋がりを作り出しやすく、簡単に仕事を受注できるという点が一番のメリットです。

フリーランスという働き方が一般的になる前までは、自分で企業に売り込む、自分がもっているコネクションをフル活用しなければ、仕事を見つけるのも難しく、かなりの労力を必要としてしました。

しかし、クラウドソーシング系のサイトが活用されるようになったことで、在宅で行える簡単な作業をはじめとしたさまざまな仕事が、アウトソースされるようになっています。

ただし、以下の2点のような、クラウドソーシング系サイトのデメリットもあります。

  1. 仕事の単価が低い
  2. 安定した受注を行いにくい

クライアントとなる企業や個人が、クラウドソーシング系のサイトを利用する目的のひとつが、人件費を抑えることです。

また、クラウドソーシング系のサイトには、誰でも使えるというという特徴があるため、クライアントは安く請け負ってくれるフリーランスに仕事を任せる傾向にあります。

その結果、クラウドソーシング系のサイトでは、自分だけがもっているスキルで、仕事の単価を上げることや安定した受注を得ることが難しくなっています。

確かなマッチングを見込めるエージェント系

転職の場面に置き換えると、それぞれのスキルや職歴を元にクライアントとの交渉ごとを請け負ってくれる人材派遣会社のような役割をもつのが、エージェント系のサイトです。

エージェント系のメリットとデメリット

エージェント系サイトを活用することで得られるメリットは、以下の3点です。

  1. 仕事の選択肢の幅が広がる
  2. 安定した仕事の受注に繫げられやすい
  3. サポートサービスを受けられる

エージェント系のサイトでは、仕事の紹介の前に面談の機会を設けていることがほとんです。

フリーランスの経歴やスキル、人柄などを把握した上で、クライアントである企業や個人への営業を行うため、仕事を受注することができれば、それなりの金額で継続できる可能性が高まります。

また、エージェント系のサイトを利用することで生まれるデメリットは、以下の2点です。

  1. 複数の案件をこなすことが難しくなる
  2. 時間的な制約が生まれやすい

クライアントとフリーランスの間にエージェントを介することで、働き方に制約が生まれやすくなります。

その結果、いくつかの案件をこなしたい方や、自由に時間を使いたいと考えているフリーランスの働き方とのギャップが生まれてしまう傾向にあります。

案件取得を目指すフリーランスにおすすめのクラウドソーシングサイト3選

クラウドソーシング系とエージェント系のサイトの特徴を把握した上で、おすすめのクラウドソーシングサイトを3つ紹介していきます。

すでにフリーランスとして活動している方は耳にしたことがあるかもしれませんが、これから活動を開始する方は、以下のクラウドソーシングサイトを知っておきましょう。

  1. 国内最大の規模を誇る「クラウドワークス」
  2. プロフェショナルが集う「ランサーズ」
  3. スキルアップのサポートがある「侍エンジニア」

同じクラウドソーシングサイトにも、それぞれのサイトに案件の豊富さやサポート面などの、異なった強みがあります。

国内最大の規模を誇る「クラウドワークス」



CrowdWorksは、100万人以上の会員を抱える国内最大級の規模が魅力のクラウドソーシングサイトです。

信頼できるフリーランスを見つけたいというクライアントも多く利用しているため、これから活動を本格化していきたい方にはおすすめです。

プロフェショナルが集う「ランサーズ」

規模は劣るもののクラウドワークスと同じくらいの知名度を誇るのが、ランサーズです。

案件数が少し減ってしまうものの、仕事の安定性を上げることができるため、本当の質の高い仕事をしたいフリーランスにおすすめです。

スキルアップのサポートがある「侍エンジニア」

その名の通り、エンジニアのキャリアアップに特化したクラウドソーシングサイトが侍エンジニアです。

侍エンジニア塾という独自のプログラミングスクールを設け、結果の出すフリーランスエンジニアの育成に力を入れています。
完全マンツーマンレッスンのエンジニア塾【Samurai】

キャリアアップを目指すフリーランスにおすすめのエージェントサイト3選

エージェント系では、特に以下の3つのサイトがおすすめです。

  1. 豊富な案件を抱える「クラウドテック」
  2. コネクションが広がる「ギーグスジョブ」
  3. 経験者のカウンセリングを受けられる「スキルサーフィン」

エージェント系にも、それぞれのサイトに規模やサポートサービスなどの強みが存在しています。

豊富な案件を抱える「クラウドテック」

株式会社クラウドワークスが運営しているサービスのひとつとして、2017年3月から「プロフェッショナルなフリーランスのためのサービス」にとして展開されているのが、クラウドテックです。

クラウドワークスが運営していることもあり、14万社以上の登録社数が魅力のエージェントサイトです。

コネクションが広がる「ギーグスジョブ」

ギークスジョブは15年以上の歴史があるエージェントサイトであり、移り変わりの激しい業界で実績を残し続けている点に特徴があります。

企業とギーグスジョブとの繋がりが強いため、そのコネクションをフリーランスも享受できるというメリットがあります。

経験者のカウンセリングを受けられる「スキルサーフィン」

IT業界のに精通し、確かなスキルを身に付けられるエージェントサイトがスキルサーフィンです。

サポートサービスが充実しているIT系のエージェント系の中でも、エンジニア経験のあるスタッフがサポートを行っている数少ないサイトです。

フリーランスはサイトの使い分けも仕事のひとつ

仕事を得るためにフリーランスが使用するサイトには、クラウドソーシング系とエージェント系の2つの種類が存在します。

そして、このサイトの使い分けも、フリーランスが意識的に行うべき仕事のひとつと言えます。

仕事を受注するため、安定した収益を得るため、自分らしい働き方をするためといった目的に合わせてサイトを使い分けることで、確かなキャリアを形成することに繋がります。

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスが活用できそうなサイトってたくさんあるっぴね
フリスタ
フリスタ
そうだね!自分の方向性とか誰かに相談できる点では、エージェントを利用するのが一番おすすめだよ
ABOUT ME
mastar
このサイトを運営しているフリスタです。 フリーランスになった10年目の現役フリーランスです。 東京都内でフリーランスをしつつ、2つのメディアを運営しています。
INTLOOP株式会社