仕事の仕方

フリーランスにとっての仕事とは?働き方や種類・報酬などを徹底解説

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスって案件がたくさんあるね!

フリスタ
フリスタ
案件によって、働き方が変わってくるから知っておいてね!

フリーランスという言葉に興味をもちながら、どこかに不安を感じているという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、将来のビジョンを見据え、しっかりとした計画を立てておくことが重要です。

そして、この記事では、以下の項目からフリーランスとしての活動に必要な仕事の定義や働き方、さらに種類や報酬などに解説します。

  • 仕事とは?フリーランスと会社員の定義の違い
  • 同じフリーランスでも2つの仕事の仕方がある?
  • フリーランスに任されることの多い5つの仕事とその報酬
  • フリーランスが知っておくべき仕事を取得するための3つのツール

働き方が自由である反面、仕事の種類によってワークスタイルにが左右されるというフリーランスだからこそ、基本的な知識の習得が求められます。

仕事とは?フリーランスと会社員の定義の違い

まず、これからフリーランスとして活動していこうと考えている方は、フリーランスと会社員の間にある仕事の定義の違いから把握してしきましょう。

仕事という表現ではそれぞれの定義の違いは分かりにくいものですが、クライアントや勤務先企業と結ぶ契約には、以下のような違いがあります。

  • フリーランス…仕事のひとつひとつをクライアントが決めた納期や報酬をもとに選んだうえで、簡単なテストを行ったうえで業務委託契約を結び、業務を遂行して対価を得る。
  • 会社員…高校や大学卒業後に就職活動を行う、または派遣登録を行い、勤務先企業所属することを約束する雇用契約を結び、業務に対する対価を得る。

フリーランスと会社員とでは、仕事を得る工程からクライアントや勤務先企業と結ぶ契約の種類、対価の得方までが違います。

そのため、フリーランスは仕事を請け負うという表現が用いられ、クライアントが希望する納期やクオリティの作品を納品することが成果であるため、時間や場所を縛られないワークスタイルを実現しやすいとされているのです。

同じフリーランスでも2つの仕事の仕方がある?

また、同じフリーランスでも仕事の仕方に違いがあり、理想の働き方に見合った活動を行うためには、以下の2つの仕事を知っておく必要があります。

  • 働く時間や場所などに高い裁量がある在宅型の仕事
  • 報酬や待遇に安定性が魅力の企業常駐型の仕事

フリーランスであれば、クライアントが提示する納期や報酬から仕事を選び、テストを行ったうえで業務委託契約を結ぶという流れに違いはありません。

ただし、在宅型の仕事と企業常駐型の仕事では、時間の使い方や人間関係などの働く環境が大きく異なるため、理想の働き方を実現するためには仕事ごとの違いを正しく理解する必要があるのです。

場所と時間を決めて仕事ができる在宅型

クラウドソーシングサービスが普及し、フリーランスの代表的なイメージとなっているのが在宅型の仕事です。

在宅型の仕事は顔合わせやオフィスへの訪問が不要なものが多く、クライアントとの契約的締結後はマニュアルを確認し、決められた納期までに納品を行うことがほとんどです。

そのため、在宅型の仕事を行うフリーランスは、会社やオフィスなどの場所に縛られず、出社する時間を決められないという働き方を行えます。

フリーランスとして独立したいという高い志をもっている方はもちろん、会社員として働いている方や子育て中の方が空いた時間を有効に活用できるため、多くに方にメリットのある仕事の仕方と言えます。

反面、フリーランスの仕事だけで食べていきたいというビジョンをもっている方は、案件数に限りがあり、納期に追われコネクションが乏しくりがちというデメリットも理解しておきましょう。

プロフェッショナルとしての仕事ができる企業常駐型

在宅型の仕事をこなすフリーランスと比較すると、少し違和感をもたれるのが企業常駐型です。

企業常駐型の仕事は、会社員と同じく会社やオフィスなどで働くこと、メンバーとプロジェクトを進めていくことが決められている案件を指し、ワークスタイルだけを見れば会社員と変わらないと認識されがちな種類です。

ただし、クライアントがプロジェクトの遂行のために必要な人間性やスキルを持ち合わせたプロフェッショナルが集まっているため、高いモチベーションをもったメンバーの中で時間を過ごせることは企業常駐型の仕事を行うフリーランスならではのメリットと言えます。

また、短い期間ではあるものの、自然とクライアントやほかのプロフェッショナルとのコネクションを構成することができるため、フリーランスでありながら安定性も期待できる仕事の仕方です。

フリーランスに任されることの多い5つの仕事とその報酬

フリーランスとして行う仕事の将来になにかしらの不安を感じているという方は、フリーランスに任されることの多い仕事の種類とその報酬を理解することが大切です。

会社員にとっては慣れない考え方かもしれませんが、活躍できるフリーランスかどうかは持ち合わせているスキルの需要と供給でなりたっています。

この記事では、フリーランスに任されることの多い以下の5つの仕事を紹介します。

  • システム開発を行うエンジニア
  • 決められたコードを入力するプログラマー
  • WEB集客のすべてを管理するWEBディレクター
  • WEB集客の一端を担うデザイナー・ライター
  • ECサイトの運営・サポート

ただし、フリーランスには専門的な知識だけでなく、市場の動向をリサーチする力が求められることも理解しておきましょう。

独立したフリーランスとして活躍したいと考えている方は、現在フリーランスに任されることの多い仕事だけでなく、将来的に必要とされるスキルを見越した準備を進めておく必要があります。

システム開発を行うエンジニア

フリーランスという働き方が一般的になったことで、企業ではなく個人にアウトソーシングされるされるようになった仕事が、システム開発を行うエンジニアです。

エンジニアは会社に勤める前から大学や専門学校で必要な知識を習得していることが多いため、その専門知識をそのままフリーランスとしての活動に活かしやすいというメリットがあります。

ただし、システム開発を行うエンジニアは、なかなか在宅の仕事がないという点には注意が必要です。

クライアントが希望する機能を盛り込んだシステムを開発するまでの打ち合わせはもちろん、開発後のシステムにトラブルが起きた場合も仕事を請け負ったフリーランスが対応する案件がほとんどです。

そのため、業務委託契約を結んだ企業に出向くというワークスタイルが主流となっています。

エンジニアの報酬

システム開発を行うエンジニアは、システム開発からトラブル対策までの仕事を行うことがほとんどであるため、フリーランスのなかでも報酬が高くなる傾向にある職種です。

プロジェクトごとに納期やクオリティに差があるものの、1案件で60万円〜90万円ほどが相場とされています。

ビジネスマンに求められるヒューマンスキルを身に付けてさえいれば、安定した収入を見込むこともできるため、人気の高い仕事のひとつです。

決められたコードを入力するプログラマー

同じIT関係の仕事でも、必要なスキルがエンジニアよりも少ないとされているのが、決められたコードを入力するプログラマーです。

また、数多くあるフリーランスの案件のなかでも、在宅型の仕事が多いという特徴があり、時間や場所を自分で決めたいというビジョンをもっている方におすすめの職種です。

ただし、PythonやJava、PHPなどのプログラマーとして活躍するために、最低限必要とされる言語が少しずつ変化するという点が注意点となります。

一度身に付けたスキルで一生稼げるわけではないため、日常的な情報収集は欠かすことができません。

プログラマーの報酬

フリーランスプログラマーはシステム開発を行うエンジニアと比較すると、専門知識を有している方が参入できるという特徴があるため、単価も少し下がる傾向にあります。

プログラマーの場合もプロジェクトごとに納期やクオリティに差があるものの、1案件で50万円ほどが相場とされています。

WEB集客のすべてを管理するWEBディレクター

実店舗ではなく、WEB上で商取引が行われることが当たり前となった昨今では、WEB集客を行うためのシステム管理を行うWEBディレクターもフリーランスにアウトソーシングされるようになりました。

WEBディレクターは、Webサイトを立ち上げる際にクライアントと目的の共有を行い、その目的を達するためのコンテンツ作成を行う総監督の役割を担います。

そして、実際にWEBサイトが完成するまでに必要なデザインやコーディング、文書の作成などを行う担当者と納期のすり合わせを行い、進捗管理を行います。

WEBディレクターの報酬

ディレクターの平均的な報酬は、1案件で40万円ほどが相場とされています。

専門的を身に付け、会社員としての実務経験を求められるエンジニアと比較すると、ワンランク低い水準となります。

ただし、WEBの立ち上げや運営に関する根幹を担う重要な役割を果たすため、在宅型の仕事のなかでは高い水準にある職種です。

WEB集客の一端を担うデザイナー・ライター

WEBディレクターがクライアントと目的を果たすためのコンテンツ作成を行う総監督であるのに対し、そのコンテンツ作成を行うのがデザイナーやライターです。

もともと持ち合わせているスキルが必要ない職種であり、多くのクライアントがクラウドワークスなどのツールを使ってアウトソーシングをするようになったことで、フリーランスに人気の職種となりました。

クライアントが求めるクオリティの作品を、納期までに納めることで報酬を得られるため、在宅型の仕事になりやすい職業でもあります。

デザイナー・ライターの報酬

デザイナーとライターの報酬は、作品のクオリティと納期に左右される傾向にあります。

先ほども触れたようにデザイナーやライターは、大学や専門学校で身に付けた知識がなくてもはじめられる仕事であり、誰でもできる仕事としてアウトソーシングされることがあります。

その場合、デザイナーが1案件で10万円ほど、ライターが1文字0.3円ほどが報酬の相場となります。

反面、WEBのすべての作成を行えるデザイナーの1案件の相場が50万円ほど、特定の専門的な知識を必要とする記事を書けるライターの相場が1文字1円以上とされています。

ECサイトの運営・サポート

WEB上で商取引が行われることが当たり前になったことで、集客を増やすための仕事だけでなく、ECサイトの運営やサポートもフリーランスにアウトソーシングされるようになりました。

ECサイトの運営やサポートは、どこの工程を請け負うかは案件によって異なりますが、一般的にはECショップの開設や商品の準備、梱包や発送といった業務を指します。

ECサイトの運営・サポートの報酬

一般的にはECショップの開設や商品の準備、梱包や発送を行うECサイトの運営やサポートの1案件の相場は40万円ほどとされています。

ただし、非常に工数の多い仕事であるため、どこの部分の仕事を請け負うのかについては、しっかりとした確認が必要です。

商品の準備、梱包や発送といったサポート行うつもりでいたのにも関わらず、確認不足によって時間や仕事の単価に疑問を抱いてしまうことにもなりかねません。

フリーランスが知っておくべき仕事を取得するための3つのツール

フリーランスの働き方に関心をもちながらも、どこかに不安がある方は、以下の3つの仕事の取得するためのツールも理解しておきましょう。

  1. 多くの仕事をこなせるクラウドソーシングサービス
  2. 確かなキャリアを構築できるエージェントサイト
  3. 安心感のある人間関係の中で働けるコネクション

フリーランスである以上は仕事を自分で獲得する必要がありますが、それぞれのサービスの仕組みやメリットとデメリットを把握しておくことで、精神的な負担を軽減することができます。

多くの仕事をこなせるクラウドソーシングサービス

ほとんどのフリーランスが活用しているツールがクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスとは、就職活動のさいのハローワークのような役割を果たしており、フリーランスは登録するだけで自由にクライアントとやり取りを行えます。

この手軽さによって多くのフリーランスが登録しているため、案件数の数は随一のツールとされています。

クラウドソーシングサービスのメリットとデメリット

クラウドソーシングサービスの1番のメリットは仕事の選択肢を増やせる点にあります。

多くのクライアントが登録しているため、フリーランスにアウトソーシングされる数多くの案件をチェックでき、メッセージ交換も自由に行えるため、初心者歓迎の仕事などにも挑戦することができます。

反面、フリーランスの報酬が買い叩かれる状況に陥りがちな一面もあり、自分の持ち合わせているスキルやクライアントへの貢献度を冷静に分析する力が必要です。

とにかく仕事の数をこなしたいという目的をもったフリーランスであれば不満を抱くことはありませんが、プロとして独立したいという方には納得のいく案件がないという状態に陥ってしまうことも珍しくありません。

確かなキャリアを構築できるエージェントサイト

クラウドソーシングサービスと異なり、会社員における派遣会社のような役割を担ってくれるのがエージェントサイトです。

案件数はクラウドソーシングサービスほど多くないものの、フリーランスのスキルとクライアントが出す希望のマッチングや、報酬の交渉といった事務作業をすべて行ってくれます。

また、最近ではキャリアアップに必要なスキルの習得を提示するエージェントも数多くあり、独立したいフリーランスに高い人気を誇っています。

エージェントサイトのメリットとデメリット

フリーランスが行うべき事務作業のすべてを担ってくれるエージェントサイトですが、そのメリットとデメリットについても理解しておきましょう。

フリーランスにとってエージェントサイトを利用する1番のメリットは、キャリアサポートが受けられる点にあります。

ただし、会社員として働きながら、時間や場所の制約なしに仕事をしたいという方にとっては、エージェントサイトにかける時間が負担となることもあるため、目的をもってクラウドソーシングサービスとエージェントサイトを使い分けるという工夫が必要です。

安心感のある人間関係のなかで働けるコネクション

クラウドソーシングサービスやエージェントサイトが一般化したことで、仕事を獲得するためのツールとして活用されることは減少しましたが、どのフリーランスにとってコネクションは重要です。

特に大学や専門学校で習得した知識をもとに安心できる人間関係のなかで仕事をしたいという方には、おすすめの仕事を獲得するためのツールと言えます。

フリーランスとしての活動が一般社会のなかでどのように位置づけられ、どんなスキルが必要なのかを自然と身に付けられる環境とも言えます。

コネクションのメリットとデメリット

コネクションを活用して仕事を獲得するさいには、契約の結び方に気をつけなければなりません。

フリーランスにはネット上の関係だけでなく、リアルなコネクションを構築していく力も求められ、クラウドソーシングサービスと並行して、セミナーなどに参加するという行動も必要となります。

そんななかで依頼される仕事であるため、基本的な人間関係が構築され、安心して働けることがコネクションのなかで案件を獲得する1番のメリットです。

ただし、契約書や結ぶ契約内容はしっかりと確認しておきましょう。

安心できる人間関係だからこそ注意が散漫になり、プロジェクトがいつまで経っても終わらない、対価を受け取れないといった状況に陥ってしまうことも少なくありません。

まとめ

フリーランスに関心をもちながら、将来のビジョンに不安を感じているという方は、基本的な知識を身に付け、綿密な計画を立てておくことをおすすめします。

そして、フリーランスの活動には、以下のような仕事に関する理解が大切です。

  • フリーランスはクライアントと業務委託契約を結ぶ。
  • フリーランスには在宅型と企業常駐型の2つの仕事の仕方がある
  • フリーランスには時代に沿った任されやすい仕事がある
  • フリーランスは仕事を取得するためのツールを使いこなす必要がある

フリーランスには、働き方が自由であるというメリットがある反面、選択する職種や仕事の種類によってワークスタイルが左右されるという注意点があります。

理想的な働き方を現実のものにするためには、どんな仕事をし、その仕事を獲得するための努力が求められるのです。

ABOUT ME
mastar
このサイトを運営しているフリスタです。 フリーランスになった10年目の現役フリーランスです。 東京都内でフリーランスをしつつ、2つのメディアを運営しています。
INTLOOP株式会社