基礎知識

どんな仕事がある?フリーランス初心者が選ぶべき仕事の種類を解説!

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスの種類って何があるんだ?
フリスタ
フリスタ
今回は、フリーランスの種類について説明していくね

自由な働き方ができるフリーランスという肩書に憧れている方も多いのではないでしょうか?多くの方が理想とする働く時間や場所を自分で選べるフリーランスですが、数ある種類からどの仕事を選択するかが非常に重要です。

誇りをもてる仕事を手にするためにも、フリーランスが行う仕事の種類を知り、より具体的なイメージを描いていきましょう。

フリーランス初心者が抑えておくべき仕事の種類と参考年収

フリーランスと会社員との一番の違いは、スキルの活かし方が自由という点にあります。

会社員の場合には営業や事務といった形で一括りにされてしまう業種も、フリーランスは専門的な知識をどのように表現するかといった形で自由に選択できるのです。

具体的にフリーランスが手がけられる仕事は、以下のような種類があります。

  1. エンジニア系
  2. デザイナー系
  3. ライター系
  4. ディレクター・アナリスト系
  5. マーケティング系
  6. クリエイティブ系

なんとなく自分らしい仕事がしたいと思い描いている方も、このスキルで勝負をしたいと具体的なイメージをお持ちの方も、まずはフリーランスが手がけられる仕事の種類と仕事内容、年収のモデルを確認しましょう。

しっかりとした情報から未来を設計していくことで、業績を無駄を省きながら確立していくことができるでしょう。

フリスタ
フリスタ
じゃあ、それぞれの仕事内容や収入について説明していくね

エンジニアの種類に属する仕事とは?

ITに関するスキルを活かす種類の仕事が、システムエンジニアやプログラマなどのエンジニアの種類に属する仕事です。

会社員であれば、システムを確立するために最低限の知識があれば良いと考えられますが、エンジニア系の仕事を請け負うフリーランスは、知識の幅が報酬につながるという魅力があります。

もちろんフリーランスのスキルや請け負う業務の大きさにもよりますが、エンジニアのモデルとされている年収は400万円〜600万円ほどです。

システムエンジニア

クライアントの要望に合わせたシステムの立案や設計を請け負うのが、システムエンジニアです。

ただし、メンテナンスまで行う業務を請け負った場合に、働く場所が選べない働き方になることが多いという点には注意が必要です。

現場での作業が伴う種類の仕事であるため事務所への出向することが多く、思い描いているフリーランスのイメージと違いが生まれてしまうことも珍しくありません。

プログラマ

プログラマはシステムエンジニアが構築したシステムを具現化するために、習得している言語をフル活用する仕事です。

請け負う仕事の種類にもよりますが、指示書通りに言語への書き換えを行うことが主な業務となるため、場所を選ばない仕事の仕方をしやすい種類のフリーランスになることができます。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、クライアント企業が使用する基幹システムの仕様書の作成や開発を行うことを主な業務とします。

どのような情報を引き出したいのか、誰もが使えるシステムに仕上げるためにはどうするかといった観点で課題を分析する力を求められます。

デザイナーの種類に属する仕事とは?

フリーランスという働き方の中でも、理想とされる仕事の種類がデザイナーです。

自分の感性を活かすことができるというイメージから自由で独創的な働き方ができそうと、多くのフリーランスが挑戦する仕事でもあります。

また、デザイナーのモデルとされている年収は300万円〜400万円ほどであり、1件あたり100万円を超えるような大手企業のロゴ作成といった業務に関わるチャンスもあります。

Webデザイナー

個人事業を展開する人が増えたことでそのニーズが高まり、ホームページの作成のプロと認識されているのがWebデザイナーです。

最近では無料で、自身のブランディングのためのツールとしてホームページの作成を行うことも可能となっています。

しかし、どうせ自身のWebを作成するのであれば多くの集客を見込みたいと考える人も多くいるため、プロであるWebデザイナーがフリーランスの中でもニーズのある種類の仕事と考えられています。

グラフィックデザイナー

Webに限らず、雑誌や広告、ポスターといった紙の媒体でクライアントの魅力を伝えるのがグラフィックデザイナーの仕事です。

イラストを一から書き上げるスキルはもちろん、色彩のもつ特性や写真が与える印象を計算する力が求められます。

ただし、Webデザイナーと比較した場合には、クライアントからのヒアリングが必須事項となるため、時間と場所が限定されてしまう可能性が高い種類の仕事と考えられています。

ロゴデザイナー

クライアントの魅力を伝えつつ、シンボルを確立するのがロゴデザイナーの仕事です。

デザイン系の仕事の中でも、ロゴデザイナーは限られたスペースの中で商品やメッセージを訴求するという点に特徴があります。

与えられるスペースが極端に限られながら、企業やWebページのシンボルとなるための覚えやすさやインパクトを伴わせるスキルが求められます。

ライター系の種類に属する仕事とは?

フリーランスにとって着手しやすく、エンジニアやデザイナーよりも専門的なスキルがいらない種類の仕事がライターです。

また、ライター系の種類に属する仕事は、その媒体によって大まかに区分されます。

基本的にWebや雑誌などの媒体への集客を目的とした文章を作成し、媒体にもよりますが300万円ほどがモデルとされる年収です。

Webライター

数ある媒体の中で、Web上に表示される文章の作成を行う種類の仕事がWebライターです。

ニュースサイトへの機構やECサイトなどのWebの目的に合わせた文章を作成する必要があり、クライアントのニーズを理解するスキルが求められます。

コピーライター

同じライターと呼ばれる種類の仕事でも、より短いフレーズで商品の良さやWebの特徴を伝えるのがコピーライターという仕事です。

Webライターと比較した場合に作成する文章の文字数こそ少ないものの、いかにコンパクトに伝えるかという点へのこだわりが求められます。

ディレクター・アナリスト系の種類に属する仕事とは?

Webや雑誌などの関する知識を網羅し、その方向性やデザインを管理する種類の仕事がディレクターです。

一般的な企業では同じ職場のチームを仕切るケースがほとんどであるものの、フリーランスの場合にはライターやデザイナーがそれぞれに仕事を進めているケースが珍しくありません。

そんな中でクライアント決めた納期に間に合わせるスケジューリングや、スムーズなコミュニケーションといったスキルが求められるため、モデルとなる年収も500万円ほどと少し高めになる傾向にあります。

また、ディレクターと同等の500万円ほどの年収が見込める種類の仕事がアナリストです。

アナリストの仕事は2つに分類され、与えられたデータから未来の予測を立てる業務と膨大なデータから共通点や法則性を見つけ出す業務に分類されます。

マーケティング系の種類に属する仕事とは?

モデルとされる年収は500万円ほどであるものの、収入の上限がないとされている種類の仕事がマーケティング系です。

そもそもマーケティングとは、ひとつの業界で企業が置かれているポジションからどのような戦略を選択すべきかを計画する仕事を指します。

ただし、フリーランスの場合はひとつのWebコンテンツを依頼されるケースがほとんどであり、クライアントが訴求したいアイテムやメッセージをいかに効果的に伝えるかが命題となります。

クリエイティブ系の種類に属する仕事とは?

どのような訴求の仕方をするかにもよりますが、しっかりとしたスキルを備えていれば200万円〜の年収が見込める種類の仕事がクリエイティブ系です。

収入にこだわるフリーランスはクライアントからの依頼を待たずに、イラストやサウンド、映像を直接消費者に提供することも可能な種類の仕事とされています。

イラストレーター

イラストレーターは、クライアントの意向に合わせたイラストを提供する仕事を指します。

掲載される媒体は問わず、企業が伝えたいメッセージをイラストを用いて消費者へ提供する必要があります。

学歴や職務経験を問われることはないものの、さまざまなイラストを書き分けるスキルは必須です。

サウンドクリエーター

ゲームの効果音や映画に用いられる音源を作成する種類の仕事が、サウンドクリエイターです。

ゲームや映画の作成者の意向を汲み取り、マッチした音楽を作成するという観点では作曲家と似たスキルが求められる仕事とされています。

ただし、フリーランスの場合には作曲を行うケースは珍しく、音楽をプログラム化するフェーズを与えられることがほとんどです。

映像クリエーター

映像クリエーターは、一昔前ではTVの編集やコマーシャルの作成を行う種類の仕事でしたが、昨今ではWebコンテンツの作成やYouTubeへの投稿を行うケースがほとんどとなっています。

また、プロデューサーとして仕事を請け負うケースと技術者として仕事を請け負うケースでは、求められるスキルがまったく異なるという特徴があります。

プロデューサーであれば、どのような映像でなにを伝えるかを決めることから、どのくらいの期間で納品するかといった総合的な視点が求められ、技術者の場合には編集のためのCGのスキル、撮影のための色彩のスキルなど、狭い分野でありながら深い知識が求められます。

まとめ

フリーランスが手がけられる仕事の種類と年収のモデルは以下の通りです。

  1. エンジニア系…400万円〜600万円
  2. デザイナー系…300万円〜400万円
  3. ライター系…300万円ほど
  4. ディレクター・アナリスト系…500万円ほど
  5. マーケティング系…500万円ほど
  6. クリエイティブ系…200万円〜

なんとなく自分らしい仕事がしたいと思い描いている方も、このスキルで勝負をしたいと具体的なイメージをお持ちの方も、フリーランスが手がけられる仕事の種類を把握しておきましょう。

クライアントから仕事の委託を受けるフリーランスと、そのまま消費者へ訴求するタイプのフリーランスでは仕事の安定性や手にできる年収に違いが現れます。

どのような種類のフリーランスになりたいのかを具体化することで、手がけるべき仕事を明確にすることができるはずです。

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスって様々な仕事ができるんだね〜フリピヨの夢が広がる…♡
フリスタ
フリスタ
どのフリーランスになっても、自分のスキルをしっかり身につけよう!
ABOUT ME
mastar
このサイトを運営しているフリスタです。 フリーランスになった10年目の現役フリーランスです。 東京都内でフリーランスをしつつ、2つのメディアを運営しています。
INTLOOP株式会社