フリーランスのお仕事の仕方

フリーランスのメールアドレスって何がいいの?|Gmailは信用されない?

フリピヨくん
フリピヨくん
フリーランスになったピヨ!
フリスタ
フリスタ
メールアドレスも準備した?
フリピヨくん
フリピヨくん
普段使ってるアドレスをまんま使用するっぴ
フリスタ
フリスタ
アドレスはフリーランスの信用にも関わるからちゃんとしたものを用意したほうがいいよ!

よく、「銀行口座は、ビジネス用と、プライベート用は分けた方が良い」とされていますが、それはメールアドレスにも言えることです。

今回の記事では「なぜ、ビジネス用のメールアドレスが必要なのか」、「どういったメールアドレスが良いのか」について説明して参ります。

フリーランスになった時に用意したいメールアドレス

まず大前提としてメールアドレスは、相手に『自分であること』が、すぐに伝わるものにしましょう。

例えばの話ですが、買っている犬の名前から取って『pochi@example.co.jp』というアドレスを使っていたとします。

本人は、『自分』であることは分かりますが、他の方からすると、送信者が誰なのかが分かりません。

仮に、自分であることが伝わったとしても、何かしら余計なイメージが付いてしまいます。

もし、ビジネスにふさわしくないメールアドレスしか持っていない場合は、新しくビジネス用のメールアドレスを取得しましょう。

ビジネスにはGmailがふさわしくない?

「さあメールアドレスを取得しよう」…そう思った方の中で、Gmailを思いついた方も多いはずです。Gmailは誰でも無料で使えるものなので、とても便利なツールではあります。

ですがその手っ取り早さゆえに、いとも簡単に『アカウントの発行・削除』ができてしまうのも事実。そういった意味で

ことビジネスの世界においては、”@gmail.com”というアドレスを『信用面』で警戒される方もいます。

多くはありませんが、中には「Gmail等のフリーアドレスを利用しているフリーランスとは、取引をしない」といったクライアントもいます。

つまりは、”@gmail.com”ではなく、オリジナルのドメインを取得した方が無難です。

では次に「どうすればオリジナルのメールアドレスに設定できるのか」について見ていきます。

自分のドメインを取得してメールアドレス取得する方法

方法は色々ありますが、例えば『ムームーメール』というサービスを使うと「IT関係が苦手…」なんて方でも簡単にメールアドレスを設定することができます。

ムームーメールは機能の使い勝手はもちろんですが、お値段的にもお手頃です。

一般的に、メールアドレスをオリジナルのものにする場合、最低でも月々500円ほどのサーバー代が必要となります。

ですがムームーメールの場合は、ひと月50円で導入することができます。

メールアドレスをオリジナルのものに設定する方法は、以下の記事が大変参考になります。

本記事でも、大枠の流れを説明しますと、以下の通りになります。

  1. ドメインを取得
  2. DNSサーバーの設定
  3. ムームーメールにドメインを登録

順を追って見ていきましょう。

1.ドメインを取得

まずは、ドメインが必要です。

ドメインとは簡単に言うと、名前です。

例えば、ヤフージャパンだったら…
『yahoo.co.jp』にあたる部分がドメインとなります。細かく言うと『yahoo』と『.co.jp』の部分を組み合わせて、一つのドメインです。

皆さん自身も『yahoo』にあたる部分を、会社名や屋号など、自由に設定することができます。その後に続く部分は、ひとまず『.com』であれば大丈夫です。

空きがなければ、多少値段は高くなりますが『.jp』もしくは、法人でよく使われる『.co.jp』でも問題ありません。

(※信頼性の観点などから、それぞれのドメインによって多少値段が変わります。ですが、上記いずれかであれば、間違いはありません)

肝心のドメインは、以下のサイトから取得することができます。

2.DNSサーバーの設定

DNSサーバーという言葉から、非常にシステマチックな感じがしますが、細かい意味は気にしなくてもOKです。

念のため、ここで行なう作業の意味を説明しますと…
『IPアドレス』という、個人を特定するマイナンバーのようなものと、先ほど取得した『ドメイン』が「同一人物ですよ」と、紐付ける作業をここで行なっているのです。

3.ムームーメールにドメインを登録

1,2が済んだ段階で、こちらの設定をムームーメールの管理画面上から進めて行きます。

詳しい設定方法は、以下の記事を参考にすると良いでしょう。

メールの署名の作り方

最後にメールの署名の作り方についても触れていきたいと思います。

一般的には、以下の情報を記載しておくと良いとされています。

  • 屋号(あれば)
  • 名前
  • 名前のふりがな or ローマ字
  • 住所
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メールアドレス
  • ウェブサイトURL
※署名イメージ

 

『一般的』…といった理由は、人それぞれ開示できる項目が異なるからです。特にフリーランスの場合は、『住所=自宅』となるケースが多いですが、住所は必ずしも記載する必要はありません。

また署名を作る際は、『メール本文』と『署名』が、ハッキリと区別されている方が好ましいです。

「—–」や「******」を使って、署名の上下にラインを入れると、簡単に境界を作ることができるのでオススメです。

とはいえ、イチから署名を作るのは面倒な方も多いはず。そんな方は以下のテンプレート集から簡単に署名を作ることができます。

まとめ

繰り返しにはなりますが、仕事用のメールアドレスは確実に用意しておきましょう。

さらに、信用の観点から、多少のお金はかかりますが、アドレスは独自ドメインにした方が、なお良いです。

また、自分専用のアドレスがあると、フリーランスとしての気持ちもグッと高まります。

今回のように、少しでも相手の印象を良くすることで、フリーランス生活がうまく行くポイントになるでしょう。

フリピヨくん
フリピヨくん
メアドまで意識してるなんてプロだ・・
フリスタ
フリスタ
細かいところは自分よりも相手が見ているよ。「できるフリーランス 」になる為に、しっかり準備しようね