リアル

フリーランスWebデザイナー!ママとの両立『あかつかゆうこさん』にリアルインタビューvol.1【在宅の働き方や仕事の取り方とは?】

フリーランス_在宅
フリスタ
フリスタ
これからフリーランスになりたいけど、一体どうやって仕事を取ってくればいいのって疑問や、ママになったんだけどフリーランスって働き方することは可能なの…? 

フリーランスに憧れている、本格的にフリーランスとして活動したい、そんな思いをお持ちの女性も多いですよね。でも、フリーランスには会社員のような保障や待遇はなく、不安ばかりが先行しがちなのではないでしょうか?

そこで今回は、実際にフリーランスとして6年も活躍しているあかつかゆうこさん(@chibiyuko_0124)にオンラインでインタビューをさせていただきました。子育てとフリーランスを両立しながら自由な働き方を実現されている素敵なWebデザイナーです!

本記事の内容
  • 女性フリーランスって大変なの?子育てとの両立は?
  • やりがいは?収入は?仕事ってどうやって取るの?
  • フリーランスを続けるためのコツは?
あかつかゆうこさんのプロフィール

フリーランスでWebとイラストやってます。息子(3歳)。 営業活動など全然やってないけど皆様のおかげでなんとか生きていけてます。女性向けのWebデザインやファンシーなイラストが大好きです。@chibiyuko_0124

フリスタ
フリスタ
インタビュアー【当ブログの管理人のプロフィール】@freelancestyle1
ディレクター×マーケター/フリーランス10年目で2020年に法人化。会社に馴染めず当時では少なかったフリーランスをスタート▶︎過去5年は平均売上1,000万円以上を達成しています。 執筆、マーケティング、法人設立、コンテンツ販売など幅広く行う。 フリーランス・副業・個人事業主に役立つ記事を更新しています。

お互い緊張したスタート!

Webデザイナーのあかつかゆうこです!よろしくお願いします!
フリスタ
フリスタ
当ブログの管理人、フリスタと申します!今日はよろしくお願いします!カンタンに自己紹介をお願いします。
はい。現在31才でフリーランス歴は6年です。25才の時にWebデザイナーとして独立しました。主な仕事はWebサイトのデザインやワードプレスの構築、ときどきイラストも描いています!
フリスタ
フリスタ
いまはご結婚されて、お子さんもいらっしゃるとか?
3才になる息子がいます。旦那さんは普通のサラリーマンをしています!
フリスタ
フリスタ
子育てしながらのフリーランス、なかなか大変そうですね。
今はもう3才なので、だいぶ落ち着きましたけどね。赤ちゃんの頃は、それはもう大変でしたよ💦
フリスタ
フリスタ
フリーランスとして長く働きたい女性にとって、とても有益なお話が聞けそうですね!今日はよろしくお願いします!

なぜフリーランスになったのですか?

フリスタ
フリスタ
なぜフリーランスを始めたのですか?
中学生くらいの時からWebサイトを作ったりしていて、家で自分の仕事をしたいってずっと思っていたからです。でも、フリーランスになる前は、新卒で小さなベンチャー企業で働いていました。Webデザインだけでなく、取材の準備や撮影、人事や総務などなんでもやっていました。
フリスタ
フリスタ
なんでも、、、ベンチャーあるあるですね(笑)

そうなんです(笑)そこでとりあえずやってみる!というチャレンジ精神は培われました!
フリスタ
フリスタ
最初のベンチャー企業はどのくらい勤めたのですか?
3年間勤めました。いろんなことが勉強できて良かったのですが、わたしはイラストを描いたり、在宅で仕事をするということに憧れていました。父も自営業だったので、いつか自分で仕事をしていきたいという思いがありました。
フリスタ
フリスタ
デザインやイラストができれば、在宅フリーで働けちゃうご時世ですもんね。
そうなんです。だから、30歳くらいまでに3社くらいを経験してから独立するつもりでいたんです

どうやって独立していったのですか?

フリーランス
フリスタ
フリスタ
はじめから独立を視野に働いていたってことなんですね。

ですね。でも、会社員時代が忙しすぎて副業をする時間もなかったし、独立する準備が何もできなくて。。。だから、3年目の時、とりあえず会社を辞めちゃったんです(笑)
フリスタ
フリスタ
ええっ!それはまた大胆ですね!

はい、いま思えばですね(笑)で、本来なら転職活動をするべきところなのですが、急に暇になった時間を活用したくて。ちょうどその頃、母が病気で入院していたので看病をしつつ、クラウドソーシングをやりはじめました
フリスタ
フリスタ
フリーランスへの道が拓けてきたわけですね!

はい。でも、実績やコネもないですから、いまでは信じられないくらい安く受注していました。それでも、100%自力で取れた仕事だったから嬉しかった。値段なんて関係なく頑張って仕事をしていました。
フリスタ
フリスタ
最初は実績作りが大事ですもんね!

そうですね、だから派遣の仕事を入れつつも、クラウドソーシングで実績作りをしていました。1年半くらい経って、仕事も軌道に乗ってきたので思い切って独立をしました!

フリーランスと会社員の違いは?大変なところは?

フリーランス
フリスタ
フリスタ
フリーランスになってみて、会社員と違うなと感じたところを聞かせてください。

まず、ひとりで働くようになって、ストレスが激減しました(笑)自分がやりたい仕事に集中できるようになって、人間関係もシンプルになりましたからね。
フリスタ
フリスタ
それは大きな違いですね!良いことづくめじゃないですか!

いえいえ、大変なこともたくさんありますよ。やはり、仕事を自分で取りに行かなければならない。仕事がないと収入が無くなるんです。収入を絶たれるかもしれないという不安は常に大きいですよ。
フリスタ
フリスタ
収入は不安定になりがちですよね。

仕事をやっていたとしても、資金繰りの問題もあります。入金のタイミングがズレてしまうと、まるっきり収入が無かった月もあったりして。あれはつらかった。。。
フリスタ
フリスタ
毎月、確実に給料が振り込まれる会社員とは違いますね。

今月の仕事や入金があったとしても、来月はなくなるかもしれない。だから、仕事に対する責任感が増しました。誠心誠意で仕事をしないといけないと強く感じるようになりました。
フリスタ
フリスタ
結果を出さないと次はない?

シビアだと思います。毎回、気を引き締めないといけない。良いことも悪いことも、フリーランスは自分で何とかしないといけません。
ここがポイント!

フリーランスは結果がすべて。仕事があっても資金繰りで苦労することも。すべては自己責任。

フリーランスになって良かったことは?

フリスタ
フリスタ
フリーランスになって良かったことはありますか?

時間の融通が利くようになったことですね。どんな仕事をどのくらいするのかを自分で決めることができるのは、フリーランスならではだと思います。
フリスタ
フリスタ
確かに、、、会社員だとそうはいかないですもんね。

会社員の時は、どんなに忙しくても他の仕事を頼まれたらやるしかなかった。逆に、どんなに仕事が落ち着いていても、とりあえず会社には行かないといけなかった。
フリスタ
フリスタ
会社員の場合だと、自分でコントロールはできないですよね。

フリーランスだって負荷や時間を完全にコントロールできるわけではないですが、時間の融通が利きます。土日や夜にバッチリ仕事ができちゃえば、平日の昼間に空いている映画館でのんびり映画鑑賞できちゃいます。場所や時間に拘束されにくいからです。
フリスタ
フリスタ
場所や時間に拘束されにくいというのは大きなメリットですね。

コロナ以前の時には、遠くに住んでいる友人に旅行がてら会いに行ったこともあります。旅行先でも仕事ができちゃいますから。平日の安い料金でホテルも利用できるのでお得なんですよ。仕事しながら旅行ができるのは楽しかったです
フリスタ
フリスタ
ノマドワークってやつですね!

他にも、仕事の結果が自分の評価としてわかりやすいという面もあります。仕事がうまくいったり、クライアントに喜んでもらえれば、自己肯定感が高まりますね!
ここがポイント!

時間や場所に捉われずに働ける。仕事で成果を出せれば、自由を謳歌することができる。

フリーランスを続けるコツはありますか?

フリーランス
フリスタ
フリスタ
フリーランスを続けていくコツみたいなものってあるでしょうか?

元気に生きる!ってことでしょうか(笑)
フリスタ
フリスタ
元気は大事ですよね!

フリーランスは孤独との戦いです。ネガティブ思考になってしまうと、どこまでも落ち込んでしまいます。
フリスタ
フリスタ
同感です。。。

だから、頭の中が仕事だけにならないようにしています。仕事とは別のコミュニティを作って活動を楽しんだり、家族の支えや子どもがいることが張り合いになったります。子育てが大変だというのはあるのですが、それに比べたら仕事は息抜きに感じられることも。子どもが寝たら自分の時間、自分の仕事を楽しむ時間ですね(笑)
フリスタ
フリスタ
仕事が息抜きになったら怖いものなしですね(笑)

だから、仕事一筋にならないように、他のことも頑張ったり楽しんだりするようにしています。
ここがポイント!

ネガティブ思考にならないように、仕事で自分を埋め尽くさない。仕事以外の人間関係も大切にして、元気に生きる!

フリーランスの仕事と子育ての両立は厳しいのでは?

フリスタ
フリスタ
仕事を息抜きのように楽しむ。理想ではありますが、実際は厳しいのではないでしょうか?わが家にも小さな子どもがいて、毎日が大変です。。。

育児にかかる時間が大きくなると、いままで仕事に費やしていた時間がごっそりとなくなります。いままでのように仕事を取ってしまい、時間が全然足りなかったということも実際にありました。
フリスタ
フリスタ
育児をしながらだとまったく時間が足りないですよね?

保育園に預けていても熱があればお迎えが必要になります。感染症にかかれば、しばらくは登園停止になります。子どもが治ったころには、自分に移ったりします。実家に助けてもらっても、それでも仕事がまったくできなくて。いまは子どもも3歳になり、こうした負担も減りつつありますが、仕事との両立は確かに大変ですね。
フリスタ
フリスタ
何か対策はあるのでしょうか?

納期がある単発の仕事を個人で受注するのではなく、業務委託でお仕事を受けると良いです。業務量や納期にも融通が利く場合があるし、委託元のフォローも受けられるからです。ルーティンワークになりがちで業務にフレッシュさはありませんが、安定収入になるし、落ち着いて仕事に取り組めます