フリーランス入門

フリーランスと期間工の違い『稼ぎ方やメリット・デメリットについて』

フリーランス

会社に依存しない働き方で生きていきたいけど、
フリーランスを目指せば良いのだろうか?
もっと手堅く稼げる期間工が良いのだろうか?

そんな風にお悩みの方もいらっしゃることでしょう。本記事では、

  • フリーランスと期間工はどう違うの?
  • どっちが稼げるの?
  • それぞれのメリットは?

上記について解説していきます。

結論としては、お金にある程度の余裕があり、稼げるスキルがあるならば、初めからフリーランスに挑戦する方が良いです。

貯金が少ないとか、稼げる明確なスキルが無いという場合は、期間工で稼ぎつつフリーランスになるための準備を考えてみましょう。

なお、本記事では期間工についての細かい解説は割愛させていただきます。期間工についての詳しい情報は、下記のサイトをご覧ください。

期間工について

おすすめ期間工比較ブログ

フリーランスと期間工はどう違うのか?

フリーランスと期間工には、それぞれに特徴があり、大きな違いがあります。

フリーランスと期間工の主な違いを表にまとめました。稼ぎ方、スキルセット、メリット、デメリットという視点で比較してみましょう。

フリーランス 期間工
稼ぎ方の特徴 スキルや実績を積み上げる必要があり、いきなり短期間で稼ぐのは難しい 契約期間や仕事内容が決まっていて、短期間で稼ぐことができる
スキルセット 個人のスキルとして定着し、実績と共にどんどん積み上がる。 派遣先の仕事内容や機械化・自動化によってリセットされやすい。
メリット 好きなことを仕事にできる
収入に上限が無い
寮に住める
確実に稼げる
デメリット 稼ぎが不安定
保障がない
契約期間がある
体力が必要

 

フリーランスの特徴

フリーランスの特徴は、自分の中に培ったスキルや経験を武器に稼いでいくという点です。

どんな仕事を、どのくらいの期間で、どのくらいの金額でこなすのか、すべて自分で決める必要があります。

業務委託契約の場合、仕事内容や期間、報酬が決まることもありますが、自分が培ってきたスキルや経験を武器にして働くことには変わりがありません。

そのため、働き方次第では収入に上限はありませんし、自分が得意とすることを仕事にしていくことができます。

ライター、エンジニア、デザイナー、動画編集者、マーケターなど、仕事内容もさまざまです。

一方で、確実な保障のようなものはなく、収入は不安定になりがちです。

仕事が無くなったら収入も途絶えてしまうので、自分の力で稼ぎ続ける必要があります。

期間工の特徴

期間工は、工場などで決められた仕事を決められた時間でこなす必要があります。

多くの場合、特別なスキルが要求されることはなく、体力と時間を対価に変えていく働き方です。

そのため、仕事をこなせば確実に収入を得ることができます。ボーナスをもらえたり、寮に住んだりすることもできます。

短期間で確実に稼げるというメリットが大きな強みです。貯金を増やしたり、欲しいものを手に入れたりすることもできるでしょう。

一方で、期間工としてのスキルは収入アップにはつながりにくいです。なぜなら、企業の予算ありきで契約が決まってしまうから。

よほど特殊なスキルや経験がない限り、収入アップを狙うことはできません。また、体力勝負な面もありますので、年齢を重ねると体力や労働時間の面できつくなっていくことも考えられます。

フリーランスと期間工、どっちで働けばいいの?

フリーランス

フリーランスと期間工、どういう場合にどっちで働けば良いのでしょうか?

参考例として、下記のように考えてみては?

自分の力で稼ぎたい、好きなことで生きていきたいならフリーランス

自分の力で稼ぎたい、好きなことで生きていきたいなら、やはりフリーランスが良いでしょう。

なぜなら、フリーランスは自分の得意とするスキルや経験を価値に変えていく働き方だからです。

ライティングやプログラミング、デザイン、編集技術、マーケティングスキルなど、自分が好きなこと、得意なことを専門特化していくことで、どんどん単価を上げていくことができます。

仕事を取るのが苦手だというエンジニアの方でも、エージェントサービスを使えば大丈夫。自分にあった仕事を紹介してもらえます。

フリーランス_エージェント
10年目のフリーランスがおすすめのエージェントとは?ランキング形式で徹底比較!現役フリーランスがランキング形式で徹底比較!おすすめのフリーランスエージェントとは?スキルや収入をアップするために、フリーランスエージェントを利用してみませんか?...

短期間でお金を作りたい、収入を確実に得たいなら期間工

短期間でまとまったお金を作りたい、働いた分の収入は確実にもらいたいと考えるなら期間工が良いでしょう。

フリーランスが本当は良いのだけれど、フリーランスとして働くスキルが無い場合、まずは貯金を作ってスクールに通う資金を作ってみては?

プログラミングスクールは結構お金がかかります。でも、プログラミングスキルは稼げるスキルです。

フリーランス テックキャンプ
テックキャンプ卒業後フリーランスになれる?卒業生のリアルな声を聞いてみました! テックキャンプ卒業生のサクマコ(@4wSfat0yeCIeiZx)です。 この記事では、実際にテックキャンプ卒業生の私が「...

また、フリーランスとして働くには、ある程度の貯金を持っておくことも必要です。

なぜなら、収入が途絶えてしまったり、入金のタイミングが遅くなったりすることがあるからです。

期間工で頑張って貯金を増やすことができれば、フリーランスとして活動しやすくなります。

期間工として働きたい場合は、下記のサイトで情報収集してみましょう。




高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

まとめ フリーランスと期間工の違い『稼ぎ方やメリット・デメリットについて』

フリーランス

本記事ではフリーランスと期間工の違いを、できるだけわかりやすく解説しました。

フリーランスとして活躍できるスキルや資金があるなら、迷わずフリーランスに挑戦してみましょう。

スキルや資金が乏しいというのであれば、期間工でお金を貯めて、スクールでスキルアップするという方法もあります。

長期的に見た場合、どんな働き方が自分にあっているのかを考えてみましょう。フリーランスも期間工も、もちろん会社員もどっちが良いとか優れているということはありません。

自分が目指す将来に向けて、必要な働き方を選択できると良いですね。

ABOUT ME
長谷川@SEOライター
Webライター&SEOコンサル。フリーランスをしながら、メディア運営も手掛けています。趣味はアウトドア。
フリーランスエンジニア向けエージェントの紹介

フリーランスエンジニアの方へ

  • 自分のスキルをもっと生かしたい!
  • 高単価の案件に挑戦したい!
  • 収入を安定させたい!

そんなお悩みはありませんか?

フリーランス向けの案件紹介エージェントに登録してみましょう!

登録も利用も無料で、案件を紹介してもらったり、契約を代行してもらえますよ。詳しくは下記の記事を読んでみてね!

フリーランス_エージェント
10年目のフリーランスがおすすめのエージェントとは?ランキング形式で徹底比較!現役フリーランスがランキング形式で徹底比較!おすすめのフリーランスエージェントとは?スキルや収入をアップするために、フリーランスエージェントを利用してみませんか?...