働き方

フリーランスのデータベースエンジニアってどんな仕事?仕事内容や案件の現状を解説

フリーランス データベースエンジニア

フリスタ
フリスタ
現在は企業に属しているものの、いつかはフリーランスのデータベースエンジニアとして独立したいなぁ……

そんな方に向けて、フリーランスのデータベースエンジニアについて色々と調べてみました。

現在は企業に属しているものの、いつか独立したいなあ……と考えている人も、未経験だけどフリーランスのデータベースエンジニアになりたい!と考えている方になるので読みたいところを読んでみてください!

私が案件の中で関わったフリーランスのデータベースエンジニアの働き方など、その仕事内容、案件の傾向などを解説します。

データベースエンジニアとは?

システムエンジニアの一種で、データベースを扱うエンジニアに特化した人材を指す表現です。仕事の内容としては、データベースの設計・構築から、運用と管理までと幅広いスキルが求められます。

案件の募集内容にもよりますが、新規開発案件では、設計がメインの業務になってくるので保存が必要なデータの情報を整理し、使いやすいよう設計したデータベースを構築することが主な業務になります。

運用・管理系の案件では、既存のデータベースに対して機能追加する場合に、どのようにデータを保持すれば、スピーディに目的のデータを取り出せるかを検討してデータベースを構築・管理・運営するのが主な業務になります。

 データベースエンジニアの仕事内容を詳しく

「データベースを構築する」とは言っても、なかなか仕事内容が思い浮かばない方もいるでしょう。そこで、その仕事内容を3つ取り上げていきます。

 データベースの開発・設計

「クライアントはどんなデータを扱い、どう管理したいのか?」この点を考慮し、最適なデータベース設計を行います。膨大なデータから目的のデータをすぐに入手できるようにし、効率化を図るためです。

例えば、病院のカルテ、商社の顧客リストや商品リストなどをイメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。

データベース構築の際には、Oracle DatabaseMySQLをはじめとするデータベースアプリケーションを利用します。データベースエンジニアとして活躍していくのであれば、上記のアプリケーションの一つを使える必要があるでしょう。

データベースの管理

データベースエンジニアは、データベースを構築すれば案件が終わるわけではありません。構築したデータベースが正常に作動しているかのチェック、ストレージサーバーの最適化、チューニングなどのメンテナンス、セキュリティ対策などの運用管理も請け負います。

この仕事を行うためには、SQLをはじめとしたデータベース操作言語、DBM、RDBMSに関する知識が必要になります。

 データベースの運用

データベースを稼働させたら、そのデータが流出・ハッキングなどの被害にあわないようセキュリティを強化しなくてはなりません。

アクセス制限の管理、パフォーマンス監視、データバックアップ、データ流出の防止といったことを行います

実際に稼働させてからトラブルが起き、クライアントに損害や業務への支障を与えないため、データベースエンジニアはあらゆるケースを想定する必要があります。

 フリーランスのデータベースエンジニア案件に必要なスキル

データベースエンジニアになる、あるいはフリーランスデータベースエンジニアになるとして、どんなスキルを身に着けるべきでしょうか。ここでは必須のスキルを4つ紹介します。

 データベース設計・データベースソフトに関する知識など開発スキル

当たり前のことですが、データベースに用いるソフトの知識やソフトを扱う技術・経験が必要になります。

案件参画時には、構築するシステムの全容をチームや、別部署の方にヒヤリングしながら理解し設計を進めていく必要があるので、ソフトの知識だけではなく周りを巻き込んで物事を進めていく力もスキルと合わせて必要になっていきます。

また、要件を実現させるための方法として複数の選択肢がある場合に、将来的な拡張性や既存システム環境を踏まえ判断していく必要があるので、必要に応じてソフトの細かな仕様まで把握できるように大きくそれぞれのソフトウェアの機能で何ができるのかという概念を持っておくと良いでしょう。

1年程度の実務経験

データベースエンジニアの基本的なスキルを習得できる目安として「会社で1年間の勤務」と言われています。フリーランスの案件としても、1年以上の勤務経験があることを条件に挙げているクライアントも少なくありません

 実務経験が必要な理由としては、データベースエンジニアは少し間違えれば既存のシステムを停止することもある仕事なので非常にデリケートな仕事というのも関係しているのではないでしょうか。

しっかりと業務経験を積み信頼できるエンジニアと認識してもらい、案件に参加しましょう。

ロジカルシンキングする能力

「クライアントの求めているのは、どんなものか?」「このトラブルの原因はなんなのか?」「このデータベースは、戦略にどう活かされるのか?」

そうした問題を解決するためのロジカルシンキングは、仕事を行う上で必要不可欠です。データベースエンジニアは、複数ある選択肢から取捨選択し、素早く最適解を選びだす必要があります。

プログラミングをされている方は、論理的な思考という考え方に比較的慣れがあるのかなと思いますが、不足していると感じた時には本を読んだり、勉強会に参加して学びましょう。

早くからロジカルシンキングを習得しておけば、一生使えるスキルになるので非常に役に立つでしょう。

 コミュニケーション能力

データベースエンジニアは、クライアント先の他部署の人と連携を取ることもあります。さらにはクライアントの要望の聞き取り、要件整理の経過報告を行う必要があます。

そのため、資料をプレゼンするスキルや会議のファシリテーションするスキルなど対人関係に関するスキルも合わせて身につけていきましょう。

スキルを身につける方法としては、会議に参加した場合にはプレゼンする方のいいところをメモし、次の会議では自分でも実践できるようにしてみましょう。

データベースエンジニアのフリーランス案件動向

2021年6月現在のデータベースエンジニアに関する案件、その動向について調べてみました。3つのポイントから見てみましょう。

データベースエンジニアの求人は減少傾向

「データベースエンジニア」という肩書きでの募集は、減少傾向にあります。

理由としては、ソフトウェア導入時に最適化されたデータベースがパッケージングされていてカスタマイズが必要なケースがなかったり、インフラエンジニアが兼用でデータベースを設定したりすることもあるためです。

データベースエンジニアという案件は減少傾向なのですが、データベースの知識を活かした仕事は、これから増えていく傾向になるので次の項目で説明していきますね。

AIやIoTなどビッグデータ需要が高まる

ビッグデータなど、大量のデータを扱えるデータベースの需要が高まり、ビックデータを扱える技術を持っているデータベースエンジニアの需要も高まっています

現在、データベースエンジニアをされている方は、今後の流れを考えて早めにAI系のエンジニアに転身されるものおすすめです。

データベースの知識にディープラーニングや機械学習の知識がつけば、今の案件の状況を見る限り10年ぐらいはお仕事に困らないのではないでしょうか。

大規模の開発やハイスキルの案件が多数

データベースエンジニアの求人は減少傾向である、ビッグデータ関連の需要は高まっている、という点についてお話ししました。それは、金融機関や保険会社等のデータを多数保持している業界でデータの有効活用が行われようとしている背景があります。

そのため、2021年現在では、少しスキルが低い方でもビックデータ関連の案件に参加できる可能性や、AI系エンジニアになり大きな案件に参加できる可能性があると思っています。

データベースエンジニアのフリーランス案件

では、実際の求人はどういったものがあるのか、そもそもどれくらいの案件が出ているのかも気になるところ。エンジニアの求人を多く取り扱う、ミッドワークス、PeBANK、レバテックの3社を見てみましょう。

Midworksでの案件数

(引用:Midworks)

公開案件が2000件ある中で、「データベースエンジニア」のポジションが選択できないので求人は0件となっています。ただしデータベースを扱う内容の求人は249件と、10件に1件の割合で存在してい流という現状です。(2021年6月24日時点)

Midworksの評判は良い?メリット・特徴を解説!口コミも【フリーランスエンジニア向けエージェント】】Midworksの評判は良い?メリット・特徴を解説!口コミもフリーランスエンジニア向けエージェントのMidworksの情報をまとめました!案件を高単価で安定受注したいなら、Midworksの利用を検討してみましょう!...

Pe-BANKでの案件数

(引用:PE-BANK

公開案件は1605件です。その中で「データベースエンジニア」として出されている求人は1件、SQLを扱う求人は172件。対し、IoTは17件、AI、機械学習は12件とう現状です。(2021年6月24日時点)

Pe-BANKでは、データベースのチューニングに関する案件などが確認できました。

また。データベースの知識・経験が必要な求人は63件です案件数は多くないものの、データベースエンジニアとしての案件を探したい場合はチェックしておきたいエージェントと言えそうです。

PE-BANK
PE-BANKはどんな人におすすめ?案件やマージン、評判から調査!【フリーランスエンジニア向け案件紹介エージェント】「PE-BANK」について知りたいとお考えではありませんか?PE-BANKは長年の実績や透明性の高さ、低マージンが強みのエンジニア向けエージェントです。この記事ではPE-BANKのおすすめポイント、メリット&デメリット、評判やクチコミについて解説しています。マージンの低いエージェントを探している、東京以外の地方でも働きたいと考えている、という人は必見です。...

レバテックでの案件数

(引用:レバテックフリーランス

レバテックでは、公開求人は28622件と、今回紹介する中では最多の求人数を誇ります。データベースエンジニアとしての求人も778件と、かなり多くの求人を見つけられました。(2021年6月24日時点)

求人内容は、計算システムの開発、データ移行、データ管理など幅広く出されています

レバテックフリーランス
レバテックフリーランスってどう?メリット・デメリットや特徴を紹介しますフリーランスの案件獲得の強い味方になってくれるレバテックフリーランスについてメリット・デメリットや特徴をまとめました。安定した受注が欲しいフリーランスエンジニアの方は、エージェント利用をオススメします!...

「データベースエンジニアってどんな仕事?フリーランスの仕事内容や案件の現状を解説」のまとめ

実際の案件数を見るとフリーランスのデータベースエンジニアの需要が見えてきたのではないでしょうか? 

これからデータベースエンジニアとして案件を獲得していくには、データベースだけの知識ではなく機械学習やビックデータといった知識をつけていくことをオススメします!

また、データベースエンジニア未経験の方はまずは企業内で腕を磨き、それからフリーランスへの道を考えるのがおすすめです。

フリーランス_エージェント
10年目のフリーランスがおすすめのエージェントとは?徹底比較!現役フリーランスが徹底比較!おすすめのフリーランスエージェントとは?スキルや収入をアップするために、フリーランスエージェントを利用してみませんか?...

 

フリーランスエンジニア向けエージェントの紹介

フリーランスエンジニアの方へ

  • 自分のスキルをもっと生かしたい!
  • 高単価の案件に挑戦したい!
  • 収入を安定させたい!

そんなお悩みはありませんか?

フリーランス向けの案件紹介エージェントに登録してみましょう!

登録も利用も無料で、案件を紹介してもらったり、契約を代行してもらえますよ。詳しくは下記の記事を読んでみてね!

フリーランス_エージェント
10年目のフリーランスがおすすめのエージェントとは?徹底比較!現役フリーランスが徹底比較!おすすめのフリーランスエージェントとは?スキルや収入をアップするために、フリーランスエージェントを利用してみませんか?...